スノボー VS 温泉

今日はまた寒かったですね。

この冬一番の寒気が日本を覆い、

日本海側は大荒れだったようです。

スキー場のコンディションもエエんでしょうかね。

さて、今日もこの前の日曜日の事ですが、

ホワイトバレースキー場での滑走を終えたあと、

温泉に浸かりました。

ホワイトバレーといえば群馬県水上

水上といえば谷川温泉。

谷川温泉は、

スキー場から目と耳の先にあります。
(鼻の先やろが!)

間違えました、目と鼻の穴の先です。
(鼻の穴の先ってどこやねん!)

その谷川温泉の「旅館 Tがわ」で、

日帰り入浴してきましたドボ~~ン!!
旅館Tがわ

この旅館はなかなか高級感漂うところでした。

スノボーを切り上げた時間も早かったためか、

終始貸し切り状態で入浴楽しむことができました。

お風呂には誰も居ないのをいいことに

写真を撮りまくってしまいました。

まずは浴室の入り口です。
お風呂の入り口

これが風呂の入り口かよ!
(何で標準語やねん!)

独りツッコミを入れときました。

そしてこれが欲情・・・やなくて浴場です。
大浴場

手前に見えるのはヒノキ風呂で、

奥には露天風呂があります。

そしてTAKEの○出し画像ですイヤ~ン!
(ついに出しよったか)
TAKE○出し

18歳未満の方は速やかに退出願います!
(やかましいわ!)

続いての2枚は露天風呂です。
露天風呂(1)
露天風呂(2)

なお、ご存知の方も多いかと思いますが、

TAKEのデジカメは防水デジカメです。

防水機能が付いてるだからこそ、

このようなアホなことができるのです。

良い子のみんなは決して真似しないようにね。

さらに!

今回は特別に動画もお届け致します。

ちなみに隣の女子風呂

貸し切り状態だったようで、

相方との会話も収録されております。

私の拙いナレーション付きですが、

どうぞご覧下さいませ!




 ↑温泉は最高でーーす!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑良い子は真似しないようにね!

スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

野沢温泉初滑り(前編)

今年も残すところあと364日になりました。
(なんちゅう年始の挨拶や!)

もうあと寝て起きるという動作

364回繰り返すと2010年ですね。
(気が早っ!)

さて、昨年暮れの27日から2泊3日

野沢温泉の方に初滑りに行って来ました。

その様子をお届けします。

今回は前編として、

温泉巡りの様子をお届けします。

まず野沢温泉の中心街の風景がコレです。
野沢温泉街
上の写真の中央からやや左側にある建物に
我々は宿泊しました。
そこはちとせ館といいまして、
部屋の中はこんな感じでした。

外観はなかなか風情があって立派ですが、
部屋の中はイマイチです。
相方もやや肥満気味・・・やなくて不満気味でした。

これはちとせ館の玄関口と私です。
ちとせ館

また、コレはちとせ館の夕食です。
千歳館の夕食
可もなく不可もなくでしたが、
ひと滑りした後の腹ペコ状態で、
ごはんがお腹一杯食べれたのでご満悦でした。

さて、野沢温泉といえば野沢菜で有名な温泉街。

野沢温泉街には10数個外湯があります。
外湯とは野沢温泉町内の方々が
ボランティアで管理している共同温泉風呂です。
誠に残念ながら混浴ではありませんでした。
(当たり前じゃ!)

この3日間で我々は、
10数箇所の外湯のうち、
9箇所の外湯を巡りました。
ただし、実際に入浴させて頂いたのは、
4つの外湯です。

相方は無類の温泉狂なので、
それに付き合ってこの3日間、
8回も温泉に浸かることになりました。
アホですよね。

ちなみに外湯は無料で入ることができますが、
玄関口にはさい銭箱が置いてあります。
私は50万円玉を投げ入れて置きました。
これでちょっとは好感度が上がったかな。
(セコッ!)

それでは我々が回った外湯の数々の画像を
ご覧下さい。

まずはまつばの湯
まつばの湯

十王堂の湯。
十王堂の湯
ちょっとボカシが甘かったかな。。。

秋葉の湯。
xxxの湯

新田之湯。
新田之湯

大湯。
大湯
この大湯は温泉街の中で最も立派な佇まいです。
私は大湯の熱湯の方に浸かりましたが、
とんでもなく熱かったです。
その熱さはまるで熱湯コマーシャルのようでした。
熱いというより痛かったです(泣)。

続いて河原湯。
河原湯

麻釜湯。
麻○湯

上寺湯。
上寺湯

熊の手洗い場。
熊の手洗湯
"手洗い場"だけに、
パッと見ぃは公衆トイレのように見えますね。

とまぁこんな感じで野沢温泉というところは、

温泉好きな方にとっては、

たまらなく魅力な街だと思います。

温泉まんじゅうも美味しかったです。
温泉まんじゅう

スキー場も立派ですが、

季節を問わず観光できる温泉街ですよ。

機会があれば是非、立ち寄ってみてチョンマゲッ!

次回はスノボー初滑り記事をお届けします。


 ↑今年もあと残すところあと364日!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑野沢温泉、エエですよ~!



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

野沢温泉 VS 戸狩温泉

2008年も残すところあとわずかです。

今日は仕事収めでした。

今年の前半は報酬休暇を頂いて

南の島に飛び、存分に遊びまわりましたが、

後半は忙しかったです。

まぁでも何とか無事に今年も終えることができ、

ホッとしております。

さて、明日からスノボー旅行です。

今日の明け方に出発し、向かう先は野沢温泉

まず27~28日の2日間は野沢温泉スキー場

存分に滑って温泉を堪能します。

そして29日は場所を移して

野沢温泉付近の今まで行ったことのない

スキー場で滑ってから帰って来る予定です。

 ①「しばらく清々するな」と思った方へ
  ⇒何やとゴラ~~~~ッ!
   ウソ~ん、淋しいくせに^^


 ②「もう帰って来るな」と思った方へ
  ⇒やかましんじゃゴラ~~~ッ!
   ハヨ帰って来て欲しいくせに^^


 ③「いや~ん、行かないで」と思った方へ
  ⇒ありがとー!
   帰ったらチューしたるわな。

   (いらんわい!)
   

というわけで、しばらくTAKEはおりません。

でも何個か予約記事を用意しておきました。

なときにでもご覧になって、

淋しさを紛らわして下さい。
(誰も淋しがってへんぞぉ。)

また、現地より携帯からリアルタイム記事

お届けできるかも知れないので、

良かったらチラ見又はガン見してやって下さいませ。

それでは行って来ま~~す。


 ↑行って来ま~す!(>-<)=b

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑TAKEが居なくても予約記事が上がりますよ~!

テーマ : スキー&スノーボード場
ジャンル : 旅行

2008年2月25日(月) 猿ヶ京温泉&スノボー旅行 初日

2月22日(金)~2月24日(日)の猿ヶ京温泉スノボー旅行記です。

22日(金)、マイカーにて自宅を出発したのは14時頃でした。

本当は金曜の明け方に出て、猿ヶ京温泉付近のスキー場でひと滑りもふた滑りもしてから、目的地の猿ヶ京ホテルに向かう予定でした。

平日ということで、スキー場は人が少なくて思う存分に滑れるはずでした。

ところが、相方の都合により、昼過ぎに出発せざるを得なくなりました。

理由は「2008年2月22日(金) 温泉スノボー旅行」に書いたとおりです。

14時出発となると、猿ヶ京温泉付近のスキー場に到着するのは、早くても17時。宿泊先「猿ヶ京ホテル」の夕食は19時からです。

1時間でもいいから滑るとなると、平均時速180キロで走行する必要があります。走れるかーーっ!!んなスピードで~。捕まるわぁ。1発面取りやでホンマ~。

従って物理的に滑るのは無理と判断し、直接「猿ヶ京ホテル」に向かうことにしました。

その道中、「せっかく人が少ない平日に思う存分滑れるはずやったのになぁ。残念やわぁ。ホンマ残念やなぁ。」と私が言いました。その直後の相方と私の会話の一部始終をお届けします。

相方:「やかまわしぃわーー!! 我、スノボー温泉のどっちが大事なんじゃコラ~ーー!?」

私:「そんなもんスノボーに決まっとるわいハゲ~~ーーっ!!」

相方:「何やとゴルァァーーーッ!! もっぺん(もう1回)ゆーてみぃーーーっ!!」

私:「ス・ノ・ボーってゆーとんじゃこのタコスケーーッ!!」

相方:「その心は何じゃい!? その心は何じゃーーーーい!?」

私:温泉はいつでも行けるけどもなぁ、スノボーは年に数回しか行かれへんのとんちゃうんかいっ!? なぁ、ちゃうんかコラーー~ッ!?」

相方:「何ヌカしとんじゃーーーっ!! アホかーーーーっ!! 冬の温泉が格別やぁーゆーとんのがわからんのかこのブタヤローーーッ!!」

 ※実際の会話はこんな口調ではありませんでした。

まぁこんな感じの会話も交えながら楽しく道中を過ごしました。

猿ヶ京ホテルは関越道月夜野ICから国道17号経由で30分くらいのところにあり、到着したのは17時半頃

ホテルの部屋から見える景色はこんな感じでした。絶景とまでは行きませんが、なかなかエエ感じです。
赤谷湖


大浴場は、ホテルの離れにありまして、入り口はこんな感じでした。
猿ヶ京ホテルの大浴場入り口


この大浴場は時間によって男女の浴場が入れ替えになります。

2人ともホテルに到着した直後に1回と、寝る前にもう1回入りましたが、運良く両方のお風呂を満喫することができました。

大浴場の内側の様子は…。まぁ何といいますか、そうですねぇ…。大小様々な放送できない物体とでも言いますか、そういった被写体をこのブログに載せることはできないなぁと判断しまして、撮影するのをやめときました。

露天風呂に関しては、当日「実況」しましたとおり、湯けむり立ちこめる露天風呂はサイコーでーーす!!

また、当ホテルには貸切家族風呂もありますが、やや値段が張るので今回はやめときました。

晩ご飯「季節の豆腐懐石」はこんな感じでした。
季節の豆腐懐石


この「季節の豆腐懐石」は、品数豊富で、「1日20品目」どころか、1食50品目くらいは含まれておるのではないでしょうか。興味のある方は、猿ヶ京ホテルホームページのお料理コーナーをご覧になって下さい。

猿ヶ京温泉&スノボー旅行記2日目の様子はまた、改めてお伝えします。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2008年2月22日(金)

猿ヶ京ホテルから実況です。

ホテル備え付けのパソコン(10分100万円)での更新です。

あまり時間がないので大したことは書けませんが、ご了承下さい。

猿ヶ京ホテルは、食事、温泉ともかなりイケてます。

湯けむりたちこめる露天風呂はもう、サイコーでーーーす!!

明日、どこかのスキー場で滑って、帰りにまたどこかの温泉に立ち寄って帰ります。

それでは良いお年を!

あっ、コメントして下さった方へ→ありがとうございます! 帰ってからレスしますので!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる