石垣島&離島巡り(9) ~さらば、石垣島&離島~

柔道女子70キロ級、上野選手、

金メダル、おめでとーーーっ!!

見事な大外刈り

胸の透くような1本勝ちだったようです。

甲子園も盛り上がっておるようですが、

石垣島&離島巡りの旅行記も、

ようやく最終回を迎えることができました。

それではサッサと終わらせます


波照間島から石垣島に戻って一夜を明かすと、
外はどんより曇り空でした。
20080726_石垣港

宿泊先、ホテルピースアイランド石垣島から
見える石垣港です。

一昨日、沖縄本島南部に発生した熱帯低気圧
台風8号になりました。
おかげでこの日は時折大粒の雨
風も強かったです。

それでもまだ遊び足りないとばかりに
離島ターミナルから船に乗り込むアホども。
20080726_小浜島へ

程なくして到着したのは小浜島です。
こんな悪天候でも船を下りると、
観光客を待つ業者さんがちらほら居ます。
20080726_小浜島(1)

写真右側のピンクの板をもったおばちゃんは
レンタカー屋さん
このおばちゃんに声を掛け、
連れ去られた先にまたコイツが居ました
20080726_トンヌラ3号

トンヌラです。
トンヌラ3号です。
川平湾で1号波照間島で2号
そして小浜島で3号
全部色違いでした(笑)

レンタカーでまず向かった先は海人公園
20080726_小浜島(2)

特に何もない公園でしたが、
写真の右上に見えるのはマンタの展望台です。

そしてを挟んで、
向こう側に見える島が西表島です。
20080726_小浜島(3)

西表島と小浜島の間にあるこの海は、
ヨナラ水道と呼ばれ、マンタの通り道だそうです。

これはちゅらさんの碑
20080726_小浜島(4)

ちゅらさんの碑がある展望台からも
西表島、そして由布島が見えました。
20080726_小浜島(6)

こちらは展望台から見える小浜島の風景です。
20080726_小浜島(7)

どんより曇り空最終日とあってか、
テンションも上がりません。

気を取り直して向かった先は竹富島です。
そうです、TAKEが富む島です!
(やかましわ!)

コバラが減ったので、
竹乃子というそば屋さんで、そばをすすりました。
TAKE乃子ではありませんよ!
(わかっとるわ!)
20080726_竹富島(1)

腹ごしらえをした後、向かった先はココです。
20080726_竹富島(2)

なごみの塔です。
20080726_竹富島(3)

どんなモンスターが出没するのか
ドキが胸胸しましたが、
なごみの塔に登るには、
この階段を登らなくてはなりませんでした。
20080726_竹富島(4)

急過ぎです。
なごみというよりも、人によってはなげきかも知れません。
登って下を見下ろすとこんな感じでした。
20080726_竹富島(6)

お年寄り、子供さん、高所恐怖症な方は
登らないのが賢明です。


そして、なごみの塔から見渡せる風景がコレです。
20080726_竹富島(5)

赤瓦の屋根とってもエエ感じです。
宝くじが当たったら、
この竹富島に別荘でも立てたいです!
と言いたいところですが、サマージャンボ
6等の3000万円でした。
くじ運の悪い私としては上出来でしょうか。

ちなみに相方は宝くじに9000万円も注ぎ込んで
戻ってきたのはたったの900円
大撃沈です。

話を戻して、いとしの竹富島を後にする我々です。
20080726_竹富島(7)

なんだか後姿もどこか淋しげです。

石垣島に戻ると、お土産屋さん巡りです。
ここは、
石垣島最大の商店街あやぱにモール。
20080726_石垣島(1)

あやぱんではありません。
(やかましいっちゅーとんねん!)
あやぱにモールでは、石垣島の民芸品から
パイン、ドラゴンフルーツなどの特産物など
色んなものが安く買えます。

そしてとうとう帰る時がやって来ました。
20080726_帰路(1)

来たときと同じく、
那覇で飛行機を乗り継いだのは覚えていますが、
この羽田の到着ロビー案内板を見るまでのことは
よく覚えておりません。
20080726_到着

この9日間3の倍数でアホになり過ぎたせいか、
機内ではぐったりしておったようです。

羽田に到着したのは夜23時を回っており、
自宅に着いた頃には日が変わっていました

最後になりますが、この旅行の記念グッズの数々です。
つまらんものですが。。。

波照間港の売店でゲットしたTシャツに、
20080726_記念の品(1)
20080726_記念の品(2)

石垣島のお土産屋さんにあった
シャコガイの置物。灰皿か?
20080726_記念の品(3)

それと旅行記では触れませんでしたが、
最南端の温泉「西表島温泉」で貰ったタオルです。
20080726_記念の品(4)

いやいやいや、本当に長い間

この旅行記にお付き合いして下さった読者の皆様

本当にお疲れ様でした。

私も疲れました。
ついつい長々とだらだらと綴ってしまいました。

この度の旅行が我々にとって、
大変充実したものであったことは、

もう言うまでもございません。

また、このブログというツールで、

読者の皆様にこうして、旅行の一部始終を報告できた事も

本当に良かったと思っています。

なぜなら、皆様から頂いた暖かいお言葉の数々によって

色々と気付かされたことがあったからです。

あの青い海、珊瑚、空、生い茂る原生林、

動物、島の人の温かさ…。

これらのかけがえがなく、尊い地球の産物を、

直に見たり、触れたりできたこと。

それがいかに素晴らしく、

いかに貴重な体験だったか。

ブログをやっていなかったら、

そんなことに気付くこともなく、

ただただ楽しかった…

それだけで終わっていたことでしょう。

まさにお金では買うことのできない何か

手に入れられたような気がしています。

本当に有難うございました!

また今後は、

あの美しい自然を守っていくために、

何をすればよいのか

自分には何ができるのか


これを少しでも考えていけたらと・・・。

いや、考えないといけないのでしょう。


以上、長々と失礼しました。

また、明日から3の倍数でアホになります。


石垣島&離島巡り 旅行記 完


 ↑念願のベスト10入りを果たしました(^0^)ありがとー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑何気に上位に居ます(^0^)最高でーす!
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄離島の旅
ジャンル : 旅行

石垣島&離島巡り(8) ~最南端づくし~

昨日今日暑さが和らいだ感があります。

昼間はまだまだ暑いですが、

帰り道のビーチクスーケー感も幾分かマシです。

さて、もうエエ加減さっさと終わらせます。

石垣島&離島巡り8日目の様子です。


波照間島夜空を堪能し、
素泊まりハウス美波で一夜を明かしました。
20070725_美波(1)

素泊まりハウス美波は、
波照間島の集落の中にあります。
20070725_美波(2)

美波の周辺はこんな感じです。
20070725_美波(3)

離島独特赤瓦の屋根
この屋根がもたらす雰囲気がなんか癒されます。

さてここはSUN輪舎というレンタバイク屋さん
20070725_SUN輪舎

ここのお兄さんがまたエエ人でした。
体はごっつくて格闘家っぽいのですが、
忙しいさなかにも
丁寧で真心の篭った接客をしてくれます。

早速2ケツ用の原チャリを借り、
2ケツ半日本最南端の碑を目指します。
20070725_外周道路(1)

上の写真下の写真は、
波照間島外周道路から見た風景です。
見通し良過ぎです。
20070725_外周道路(2)

現地の人の視力は平均2.5でしょうか。
(そんなわけないやろが!)

そしてやって来ました日本最南端の碑
20070725_最南端の碑(1)

これが最南端の碑に通ずる入り口です。
20070725_最南端の碑(2)

入り口がありますが、我々はこれに気付かず、
この石碑に向かって真っしぐらでした。
20070725_最南端の碑(3)

この石碑前での記念撮影をめぐり、
複数のグループ、家族連れ渋滞していました。
20070725_最南端の碑(4)
20070725_最南端の碑(5)

最南端の碑からの帰り道でのワンショットです。
20070725_サトウキビ畑と海

サトウキビ畑の向こうに見える青い海
こういう風景も結構好きだったりします。

そしてこれは日本最南端の郵便局です。
20070725_最南端の郵便局

おや?
なんかアホみたいな顔した人物が写っていますね。
ちなみにこの撮影中、近くを通った地元民
この人物を見て失笑していました。

さらに日本最南端のガソリンスタンドに…。
20070725_最南端のSS

日本最南端のトンヌラ。
20070725_最南端のトンヌラ

もう何でも日本最南端です!

また、この日はシュノーケルツアーの参加を
予定していました。
ところが、沖縄南部に現れた熱帯低気圧の影響で、
沖の方は波が高く、ツアーは中止

波照間のコーラルブルー
別名波照間ブルーを満喫する予定が
ダメになってしまったのです。

仕方なしに引き続き原チャリ
2ケツ半島内を散策しました。

断崖絶壁の上から一枚。
20070725_最南端の断崖

そして連日の海水浴
夕日を拝んだニシ浜ビーチです。
20070725_ニシ浜(1)

天気はいいのですが、熱帯低気圧の影響で
波は高めです。
20070725_ニシ浜(2)

ニシ浜で海水浴したあと、
波照間島を後にし、石垣島に戻りました。

この旅行最後の宿泊先
石垣島ピースアイランドホテル

このホテルのフロント前カメさんがいました。
20070725_石垣宿泊先に居たカメさん

カメラを構えると、
「何を撮っとんじゃ?」とでも言いたげな顔していました。
カメさんもカワイイです。

そして石垣島最後の夜
市街へと繰り出しました。

ずーっと離島に居たせいでしょうか、
石垣島が大都会に見えました。

離島にはこんなコンビニさえないのですから。
20070725_コンビニシーサー

いやいやいや、でも離島の生活
悪くないんやないかなと思えました。
サマージャンボが当たったら移住しようかな。

次回は石垣島&離島巡り9日目

の様子をお届けします。

やっと最終回です。


 ↑念願のベスト10入りを果たしました(^0^)ありがとー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑何気に上位に居ます(^0^)最高でーす!

続きを読む

テーマ : 沖縄離島の旅
ジャンル : 旅行

石垣島&離島巡り(7)後編 ~日本最南端の島へ~

昨日の深夜外は物凄いことになっていました。

豪雨です。

ほんの一瞬でしたが、オケツ・・・、やなくて、

バケツをひっくり返したような激しい雨でした。

あんな激しい雨は今まで見たことがありません。

このところ、あっちこっちで水害が報告されています。

いつどこで思わぬ水害を被るかわからない時代です。


さて、久しぶりに行きます。

石垣島&離島巡り7日目後編

いよいよ旅は大詰めです。


愛すべき西表島を後にした我々。
石垣島に一旦戻り、今度はこの船で、
日本最南端の島へと向かいます。
20070724_波照間へ(1)

波照間への船は、
台風の影響を受けやすく、
海がシケると真っ先に欠航します。

でもこの日も穏やかな天気
無事、日本最南端へと出発です。
20070724_波照間へ(2)

クドイようですが日本最南端です。
100キロあまり西に行けばもう台湾です。

出港して、1時間ほどで到着
波照間港の防波堤派手にお出迎えです。
20070724_波照間へ(3)

この日の宿泊先は素泊まりハウス美波
20070724_美波(1)

我々の部屋の外観はこんな感じでした。
20070724_美波(2)

1泊3000万円です。
素泊まりっていうくらいなので、
またヤモリと夜を共に過ごすのかと思っていました。
でも部屋の中は思ったより全然キレイでした。

あまり関係ないですが、これは島ぞうりです。
20070724_島ぞうり

波照間に出発する前に
石垣離島ターミナル売店で買いました。

この島ぞうり石垣島のあっちこっちで売っています。
色はの他にもがあります。
なかなか履き心地も良く、旅行前に買ったビーサン
不要になりました。

話は横道に逸れましたが、
これは波照間島の共同売店です。
20070724_波照間売店

この島にもコンビニスーパーもなく、
この共同売店で買い物をします。
小さいですが奥行きはかなり広く
生活に必要なグッズは一通り揃っています。

美波の女将さんチャリを借り、向かった先はココ
20070724_ニシ浜(1)

ニシ浜です。
波照間島といえばニシ浜
と言われるくらい有名なビーチです。

ここに到着したのはもう5時過ぎだったと思いますが、
ここでも軽く泳ぎました
最南端で海水浴です。

浜にはヤドカリがたくさん居ました。
20070724_ニシ浜(2)

ひとつの巻貝
3~4匹の小さなヤドカリが奪い合ってました。

そして、最南端の夕日です。
20070724_ニシ浜夕日(1)

この日も天候が良く
最高にキレイな夕日でした。
20070724_ニシ浜夕日(2)

西表島の夕日も良かったですが、
なんと言ってもここは日本最南端
こんな夕日を拝めたのは幸運でした。
20070724_ニシ浜夕日(3)

そして夜のとばりが下りた頃、
女将さんに連れて行ってもらった先は、
この星空観測センターです。
20070724_星空観測センター

波照間島日本で最も多くの種類の星座
観測できるそうです。
時期によっては南十字星も見れるようです。

この日は夜になっても天候が良く、
見える星の数がハンパではありません。

でもうっすら空に雲がかかっとるなぁ。
あの白っぽい帯状の雲がちょっと邪魔やなぁ。

いやいやいやいや、
とんでもございません。


その白っぽい帯状の物体
幾千万もの☆だったのです。
平たく言えば天の川です!
画像でお届けできないのがとても残念です。

現地のお兄さんに案内してもらって
織姫(ベガ)彦星(アルタイル)も認識できました。

また、巨大な流れ星が、
スーッと流れる様子も見れました。
最南端から見上げる夜空では、
10分に1度の割合で、流れ星が見れます!

波照間島へ行った際は、
この星空鑑賞、お勧めですよ!

最後に星空観測センターにある
天体望遠鏡が捉えた木星です。
20070724_木星

次回は石垣島&離島巡り8日目

の様子をお届けします。

つづく。


 ↑念願のベスト10入りを果たしました(^0^)ありがとー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑何気に上位に居ます(^0^)最高でーす!

続きを読む

テーマ : 沖縄離島の旅
ジャンル : 旅行

石垣島&離島巡り(7)前編 ~奥西表、さらば西表島~

昨日の記事の冒頭で、

〆的な雰囲気のことを書いてしまいましたが、

旅行記はもう少し続きます。

水中画像につきましては、

昨日のニモのモロ出し画像で射ち止めですが、

まだまだ暑苦しく語りますので、

今しばらくご辛抱下さい。

それでは石垣島&離島巡り(7)前編です。


旅行の7日目は、西表島を離れる日です。

この日は奥西表の船浮という村を訪れました。
奥西表とは、西表島のほぼ西端です。

以前の記事で紹介しましたが、
西表島の西部道がありません。
そのため、島の西部には人が簡単に
足を踏み入れることができないのですが、
なんとそこに村があるのです。

そこにある村が船浮なのです。
陸の孤島と言うにふさわしい村です。

この船浮に行くには、
西表島の1本道の西端にある白浜港からで行きます。
20080724_船浮(1)

船に乗って10分ほどで到着
こんな看板観光客を迎えてくれます。
20080724_船浮(5)

朝も早かったことと平日だったためか、
ほとんど人が居ません。

ハイビスカスにたかる黒アゲハ
20080724_船浮(2)

ハブが出てきそうな獣道を行きます。
20080724_船浮(3)

獣道を抜けた先は海でした。
20080724_イダの浜(1)

ここはイダの浜です。
西表島屈指の透明度を誇るビーチです。
20080724_イダの浜(2)

相方どうしても行きたがっていた
イチオシのビーチでしたが、
バラス島パナリ
極上の海を見た後だったためか、
期待していた程の透明度ではありませんでした。

それでも泳ぐ相方。
20080724_イダの浜(3)

ちょっと怪しげな人影ですよね。
私もちょこっと泳ぎましたが、
もほとんど居なかったので、水中画像はありません。

からちょこっとに入ったところに
植物ヤシガニヤドカリ楽園がありました。
20080724_イダの浜(6)

ショボい楽園ですが、ちびっ子は喜びそうです。
このような立派なカニヤシガニが居ました。
20080724_イダの浜(4)

ちょっとピンボケです。
20080724_イダの浜(5)

また、この船浮では、
このような変わった植物も見かけました。
20080724_イダの浜(7)
20080724_船浮(4)

この船浮に行くのに、
ふる里荘の女将さんが、白浜港まで送迎してくれました。

ふる里荘から白浜港までは10万キロくらいあり、
車でも10分くらいかかります。
女将さんは嫌な顔ひとつ見せず、我々を無料で送迎してくれました!
宿泊客が我々の他に居なかったということで、
特別待遇です。
なんと涙ぐましい有難いことでしょう。
本当に有難うございました。

これは女将さんが運転する車窓から撮った
浦内川のマングローブです。
20080724_浦内川

そしてお世話になったふる里荘を後にした我々は、
さらに女将さんに上原港まで送ってもらいました。
そこで女将さんとはお別れです。
達者での~。

上原港に着いたのは昼過ぎだったでしょうか。
港のそばにあるデンサー食堂でランチです。
20080724_デンサー(2)

このデンサー食堂のメニューがこれ!
20080724_デンサー(1)

左段の上から3番目
 みそ汁(ご飯付き) 600万円
これが妙に気になりました。
いやいやいや、意味がわからないんですよ。

ご飯なしのみそ汁て~~んなアホな
ツッコミを入れたくなりました。
今になって思いますが、頼めば良かった!

20080724_上原港(1)

昼食後、上原港から船に乗って、
我々は西表島を後にしたのでした。
なんか淋しく、センチメンタルな気分でした。

石垣島に一旦戻り、次に向かうのは日本最南端の島、
波照間島です。

つづく。



以上、石垣島&離島巡り7日目(前編)でした。
もう少し続きま~す。


 ↑念願のベスト10入りを果たしました(^0^)ありがとー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑何気に上位に居ます(^0^)最高でーす!

テーマ : 沖縄離島の旅
ジャンル : 旅行

石垣島&離島巡り(6)後編 ~パナリでニモと戯れる~

長かったようで短かった石垣島&離島巡りの旅。

その旅行記をアップ中ですが、

皆様の暖かいコメント

変態じゃなくて大変、嬉しく頂戴しております。

ほんと、感謝しております。

どうか、最後まで気長にお付き合いして頂ければ幸いです。

それでは今日も参ります。

石垣島&離島巡り(6)後編です。


パナリ島上地島散策後、
午前とは違うポイント船で移動
またまたシュノーケルです。

今回のポイント船の上から撮りました。
20080723_パナリの青い海

これは何ラルド何ーンなんでしょうか。
通常はエメラルドグリーンですが。。。
(エメラルドグリーンでエエがなアホか!)

島内散策直射日光を連射され、体温上昇中
一刻も早くこの何ラルド何ーンな海
ドボンと飛び込みたい気分です。

準備万端で飛び込んだ先はこんな感じでした。
20080723_パナリ2(1)

どこまでもスケスケのビーチクスーケーです。
(やかましわ!)

そしてこのツアーを案内するお姉さん
連れて行ってくれたこの珊瑚の岩場
20080723_パナリ2(2)

あっちこっちに赤くて白い縞の入った
小さな魚が見えるのがわかりますでしょうか。

クマノミです。
ニモです。
20080723_クマノミ(1)

クマノミにも色々な種類があるようですが、
ここに居たクマノミハマクマノミという種類です。

通称ニモといえば、カクレクマノミ
体に白いラインが3本あるのが所謂ニモです。

このパナリ島で見たクマノミは、
厳密に言えばニモではありませんが、
それにしてもカワイイ魚みんなのアイドルです。

この岩場ですが、ご覧のように、
たくさんのハマクマノミが居ました。
20080723_クマノミ(2)

ツアー御一行の皆さんも大喜び
モチロンTAKEもモロチン状態です。
(エエから隠せ!)
20080723_クマノミ(3)

もうゲップが出るくらいハマクマノミ
撮りまくりの垂れ流しです。

イソギンチャクのまわりに居るハマクマノミ
20080723_クマノミ(4)

どんなに近付いてもこの子達は逃げません。20080723_クマノミ(5)

いつでもイソギンチャクの中に隠れられるからでしょうか。
20080723_クマノミ(6)

ホント、カワイイです。
デスピサロと同じくらいカワイイです。
(んん?じゃぁバラス島の
 あの子ダコが1番カワイイってか?)


時が経つのも忘れて、
ハマクマノミばかりを追い掛けてましたが、
こんな魚群も見かけました。
20080723_魚群(1)

黄色い背びれキレイでしたが、
サイズが大きめだったので、迫力がありました。

無事シュノーケルを終えて帰港後、
船の前で記念撮影です。
20080723_マリン海遊船(2)

スーチクビーケーでなくてすみません。
(いやいや、それでエエねん!)

子一時間ほどふる里荘に戻ると、
女将さんこんな手料理が待っていました。
20080723_ふる里荘ごはん

牛丼タイの刺身
それと、う~んと…。
忘れました!
デザートはもちろん甘~いパインでした。
バリマイウーでした。

ふる里荘、最高ですかーーーっ!?
(最高でーーす!)


 ↑念願のベスト10入りを果たしました(^0^)ありがとー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
 ↑何気に上位に居ます(^0^)最高でーす!

テーマ : 沖縄離島の旅
ジャンル : 旅行

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる