2013年モルディブ旅行記 ~その1(出発)~

TAKEですこんばんば!

今回から長い長い旅行記の始まりです。

2013年モルディブ旅行~その1~です。


出発日は2013年9月14日深夜でした。
羽田空港国際線ターミナルで、
23:55発クアラルンプール行きの出発便を待ちます。
羽田空港(3)

行きのルートは…

9/14深夜、羽田を出発
  ↓
9/15朝、クアラルンプールに到着
  ↓
9/15朝、シンガポール行きに乗り継ぎ
  ↓
9/15昼前、シンガポールに到着
  ↓
9/15~9/16、シンガポール観光
  ↓
9/16夜、シンガポールから再びクアラルンプールへ
  ↓
9/16深夜、クアラルンプールからマレ(モルディブ)へ


ということで、
まずはマレーシアのクアラルンプールへと飛び立ちます。

出発時刻までに余裕があったので、
羽田空港国際線ターミナルの展望デッキに行ってみました。
羽田空港(2)

夜の空港は素晴らしい夜景ポイント。
ライトアップされた滑走路や、
次から次へと到着する航空機を一望することができ、
これから始まる楽しい長旅に、胸が躍ります。
羽田空港(1)

そうこうするうちに搭乗時間になりました。
今回利用したのは格安航空会社の「エアアジア」です。
エアアジア

出発前の機内の様子はこんな感じでした。
エアアジア

↑の写真右手に見えるCAのお姉さんが
とってもカワイかったです(オイ!)


つづく。。。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

モルディブ旅行記 その0

TAKEですこんばんば!

大変ご無沙汰しております。

2013年も10月になりまして、

今年もあと残すところ2か月半です。

早いもんですなぁ。


で、先月の中旬頃

1週間ほど休暇を頂き、

10日ほどかけて海外旅行をしました。

今回訪れた国は3か国

シンガポールとモルディブとマレーシアです。

メインは「モルディブ」なんですけどね。

「モルディブ」は↓の位置にあります。

大きな地図で見る


「モルディブ」という国を簡単に説明すると…

 ・インドとスリランカの南西のインド洋に浮かぶ島国
 ・26個の環礁と約1200の島々から成る。
 ・首都はマレ、人口は40万人弱。
 ・日本との時差は約4時間。
 ・通貨はルフィア。アメリカドルも使用可能。
 ・公用語はディビヒ語。英語も通じる。
 ・年中高温多雨。5~12月は乾期でそれ以外は雨期。
 ・主産業は観光業と漁業。


主産業の観光業と漁業のうち、

モルディブでは観光業が最大の外貨獲得源

そんなモルディブは1200個の島々から成っていますが、

その中にリゾート島が100個くらい存在し、

1島1リゾート(1島につき1つのホテル)が最大の特徴です。

今回は、その中の1つのリゾート島に6日間滞在しました。

そこはなんとも贅沢なひとときを過ごせる

まさに「楽園」と言える素敵な場所でした。


次回から、そんなモルディブ旅行記を、

また長~い期間をかけて書いていきます。

どうか、気長にお付き合いくださいませ。



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2013年山陰旅行 ~駅めぐり③ 山陰本線 居組駅~

TAKEですこんばんば!

2013年山陰旅行 駅めぐり③です。

今回が最終回になります。


2013年5月2日
山陰本線餘部駅を後にした我々は、
178号線をさらに西へと車を走らせます。

餘部駅を過ぎると178号線は山陰本線とほぼ並行します。
餘部駅の隣の久谷駅を通り過ぎ、
浜坂駅~諸寄駅を過ぎると、
178号線は海沿いへ、山陰本線は山の方へと入り込みます。

そして、次に立ち寄った駅が居組駅です。
居組駅(1)

なんでわざわざ居組駅なのか。。。
それは、この居組駅
日本全国の「秘境駅ランキング」にランクされているからです。

私が「秘境駅」という言葉を知ったのは、
昨年の山陰本線各駅停車の旅から帰った後のことです。

昨年の旅の途中
この居組駅に停車したときに不思議に思ったのが、
駅の周りに民家が1軒も見当たらなかったことです。


「なんでこんな場所に駅が作られたのか?」
「この駅を利用する人は居るのだろうか?」



そんな疑問を持ち、帰ってネットで調べてみたところ、
「秘境駅」という言葉に出くわしたというわけです。

「秘境駅」のランク付け基準は下記のとおりです…(ウィキペディアより)


 1.秘境度 - 周囲が断崖絶壁、深い山林、荒涼とした原野にあり、人家が無いまたは少ない
 2.雰囲気 - 駅舎、待合室、周囲の建造物などに古い歴史を感じさせる
 3.列車到達難易度 - 列車の停車が極めて少なく、鉄道を使って当該秘境駅に到達するのが困難である
 4.車到達難易度 - 駅までの道が無い場合が最も高く、次いで歩道のみ、未舗装の林道など、自動車やオートバイでの当該秘境駅訪問が困難
 5.鉄道遺産指数 - スイッチバック、ループ、引き込み線、廃線跡などの鉄道遺構が存在する


山陰本線の居組駅は1.~5.の基準値は低く、
秘境駅ランキングとしては128位
逆に言えば、居組駅よりも秘境度の高い駅が、
全国には103個もあるということです。

堂々のランキング1位の秘境駅は、
北海道室蘭本線の小幌駅だそうです。

興味のある方は、こちらを ←ポチッとな。

ちなみにこの日に立ち寄った鎧駅と餘部駅
いずれも秘境駅ランキングに入っておりまして、

 鎧駅…161位
 餘部駅…132位


となっています。

というわけで居組駅で撮影した写真達です。
居組駅(2)
居組駅(4)
居組駅(3)
居組駅(3)

それと、居組駅で撮影した動画です。
天気が良過ぎて、秘境度はあまり伝わらないです^^;


そんなわけで、全国各地にある秘境駅
回ってみたいなと思う今日この頃です。



実は、今回の山陰旅行のメインの目的

私の故郷・鳥取にあるお墓参りでした。

お墓参りの様子は割愛させて頂きます。

というわけで、2013年山陰旅行の様子

これにて終了です。



テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

2013年山陰旅行 ~駅めぐり② 山陰本線 餘部駅~

TAKEですこんばんば!

今回は2013年山陰旅行 駅めぐり②です。


2013年5月2日、
山陰本線の鎧駅をあとにした我々は、
鳥取方面に車を走らせました。
そして、鎧駅のとなりの駅「餘部駅」に立ち寄りました。
餘部駅といえば餘部橋梁
去年の山陰本線各駅停車の旅でも
この餘部橋梁を一目見るために立ち寄りましたが、
今年もやって参りました。
餘部(3)

餘部橋梁は高さ41メートル
1912年に開通し、
当時は鋼製の赤いトレッスル橋でしたが、
2010年にコンクリート製の橋に付け替えられ、
↓の写真のような形式になっております。
餘部(1)

山陰本線は京都~幡生(山口)を結ぶ日本最長のローカル線
その山陰本線のうち京都~出雲市駅間では、
この餘部橋梁を含む区間
最も最近(といっても1912年)に開通したようです。
この高さ41メートルを誇る橋梁の建設
それだけ困難だったということでしょう。
この辺りの地形は、山が海に迫っているため、
海沿いに線路を通すことは不可能
当時の土木技術では、長いトンネルを掘ることも不可能
そのため、できるだけ山に登ったところ
短いトンネルを掘りつつ線路を敷く必要があったようです。
餘部駅の標高は43メートルで、
隣の鎧駅は39メートル
その餘部~鎧間には谷になっている部分があり、
そこに餘部橋梁を架けて線路を開通させたらしいです。


さて、
今年は車でやって来たので、
道の駅「あまるべ」に寄ってみました。
餘部(2)

そこで記念撮影
餘部(4)

道の駅に車を置いて、
標高43メートルの餘部駅を目指します。
餘部(5)

民家の間を抜けると…
餘部(6)

名残惜しく残されている
鋼製のトレッスル橋の一部を見上げることができます。
餘部(7)

そしてこの階段を登ります。
餘部(8)

中腹辺りまで来ました。
餘部(9)

さらに坂道を上ると分岐があります。
真っ直ぐ進むと展望台ですが、
まずは、餘部駅の方へ…
餘部(10)

そして今年も来ました餘部駅
餘部(12)

去年と変わっていないです。
餘部(11)

そして展望台から見下ろす餘部橋梁
餘部(13)

最後に餘部橋梁を渡る上り列車を動画にて。



つづく。。。

テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる