金曜日は長い長い一日でした・・・

TAKEですこんばんば!

金曜日は大地震によって、

長い1日を過ごすこととなりました。


金曜日、私はお休みを頂いており、

地震発生当時は、相方んちに居ました。

相方は平塚にある職業訓練校に居たため、

相方んちに私はひとりで居ました。

今まで体感したことのない強い揺れに私は、

お風呂場に逃げ込みました。

相方んちのお風呂はユニットバス。

ユニットバスは1つの箱であるため、

仮に家が倒壊しても、

ペシャンコに押しつぶされることはなく、

ある程度の空間が確保できるのではないか…

ということで、

揺れがおさまるまで私はお風呂場に居ました。


揺れがおさまってしばらくした後、

相方から「無事?」というメールが届きます。

私はそのメールに返信しようとしましたが、

いつもは"バリ3"の携帯がなんと"圏外"になっていました。

そのため、メール返信もできず、通話もできずです。

その後、

「JRは全線復旧のめどがたたない」と、

テレビで報道していたことから、

相方は平塚に足止めとなることを想定し、

私は車で平塚へと向かいました。

普段は45分ほどで行ける道のりなのですが、

バスを除いた公共の交通機関がマヒしているためか、

道路は渋滞につぐ渋滞でした。

おかげで平塚に到着するまで2時間半くらいかかりました。


さらに悪い事に、携帯が全くつながりませんでした。

携帯は"圏外"表示ではなく、"バリ3"なのですが、

発信しようとしても

「しばらくお待ちください。」

と表示されるだけで通話もできないのですしばいたろか

メールの発信はできたのですが、

受信はできていないのか、

いくら待っても相方からの返信はありません。

またその頃、JRは既に

「この日は復旧しません。」と発表しており、

平塚駅付近は足止めを喰らっている人たちでごった返しています。

そんな中、相方と連絡も取れず、

私はどうすることもできませんでした。

ひょっとしたら相方は、

バスを乗り継いで自宅に戻っているのではないか、

私はそう考えて、平塚をあとにすることにします。


帰り道も渋滞につぐ渋滞で、

2時間以上もかけて相方宅に辿り着いたわけですが、

残念ながら相方は帰っておりませんでした。

あ~あ、エライこっちゃと、私は途方にくれましたが

自宅に帰れない人達を受け入れるため、

あっちこっちで学校や大学、

その他公共施設が開放されているとの情報を聞きました。

最悪、相方は平塚のどこかで

一夜を過ごすになるんかな…と思いながら、

テレビの報道を見ていました。


そうしましたところ、

相方がひょっこり帰って来たではありませんかアホかコラ!

話を聞いてみると相方は、

職業訓練校の友人と、平塚のマックで待機していたそうですが、

幸運にも藤沢に住んでいる友達と連絡が取れ、

その友達に平塚まで車で迎えに来てもらい、

相方宅まで送り届けてもらったそうです。

あ~、良かったと!


ほっとしましたが、今度は我々が人の役に立つ番でした。

そのミッションは、

相方の職業訓練校の友達を、

都筑にある自宅付近まで送り届けることでした。

相方宅を出発したのは夜10時頃でしたが、

道路は混雑を極めておりました。

JRや私鉄、地下鉄が使えないことで、

足止めを喰らったご家族や友人達を

自家用車でお出迎えする人が沢山いたことが原因でしょう。


結局、相方の友達を自宅付近まで送り届け、

相方宅に戻ってきたのは深夜1時でした。

もちろん土曜日に予定していたスノボー旅行は中止。

悠長にスノボーなどに行ってる場合ではなくなった、

それはそれは長い長い一日でした。


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無事で何よりです。^^
TAKEさんは休日でしたか。
ヘンな話、タイミングが良かったかも。
もし仕事中だったら、帰宅困難者になっていたかもしれません~
私も無事、家に帰れましたよ。歩いて・・・^^;

テレビで被災の様子が明らかになる程、被害の大きさに心が痛いですね。

No title

えらいこっちゃでしたね、まさにw
しかし、相方さんへの限りない愛がひしひしと感じられ、感動いたしました。
私は震度4のなか、トイレに入っており、揺れはどんどん強くなるもののどうすることもできず、・・・・あのままの姿で家が倒壊せず、本当に無い胸をなでおろしたい気分でしたよ。
地震さん、来る時は、トイレと風呂に入っているときはやめてよね~~v-356

もう地獄絵図の被災地。空母ロナルド・レーガンにがんばってもらうしかないっすね。

マダム半世紀さんへ

マダム半世紀さん、こんにちは!
ご無沙汰しております^^;
いやぁ、大変でしたね!
私は相方共々、帰宅難民にならずに済みましたが、
マダムさんも無事ご帰宅できて何よりです。
本来電車で移動する距離を
徒歩で移動するのは大変だったかとお察しします。
被災地の様子をテレビで見るたび、
いたたまれない気持ちになりますね。。。

とんがりねずみさんへ

とんがりねずみさん、こんにちは!
地震発生時の揺れ具合が尋常ではなかったもので、
風呂場に逃げ込んだときは生きた心地がしませんでした。
しかも家でひとりで居るときだったもので、
かなり心細かったです^^;
確かに入浴中やトイレ中に災害に見舞われるのは
勘弁してもらいたいですよね。
津波で街が根こそぎなくなっている被災地…
同じ日本であることが信じられないです。。。

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる