山陰本線各駅停車の旅(9) ~餘部駅へ~

TAKEですこんばんば!

山陰本線各駅停車の旅、その9です。


2012年4月30日
城崎温泉を散策した後、
再び山陰本線の下り列車に乗り込みます。

山陰本線の豊岡~城崎温泉駅間は、
兵庫県を北へ北へと進みますが、
城崎温泉駅を出てその次の竹野駅を過ぎると
山陰本線は、日本海岸沿いを西へと進むようになります。

城崎付近から鳥取砂丘に至るこの海岸線は、
変化に富んだ景観を見せ、
山陰海岸国立公園として、
山陰地方の見どころのひとつとなっております。

その海岸沿いを走る山陰本線は大変ローカル色が濃く
わたくし的にもこの区間を汽車で走ることが、
今回の旅において最も楽しみでした。

さて、城崎温泉駅を出た列車は、
香住海岸の最寄駅である香住駅を経まして…
香住駅

国の天然記念物に指定されている「鎧の袖」がある鎧駅
鎧駅

鎧駅を出てしばらくすると山陰本線は、
日本海を見下ろす高い橋の上を通ります。
高さ41メートル

その橋の高さはなんと41万メートル
高さ41メートル

橋を渡り切った先にある駅に降り立ち、
列車を見送りながら記念撮影
餘部駅

つい先ほど渡ってきた橋はこんな感じです。
餘部橋梁

降り立った駅は餘部駅といいます。
餘部駅

餘部駅は駅員のいない小さいな無人駅ですが、
「近畿の駅百選」にも選定されている結構有名な駅です。

こんな小さな駅が有名な理由は、
先ほど渡った高さ41万メートルの橋にあります。

その橋の名は餘部橋梁

餘部橋梁については次回にお届けします。


つづく。。。




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは・

景色が本当に素晴らしいですね(^-^)
とっても心が落ち着く写真ばかりで…。
さすがに41メートルには驚きましたが…(笑)

でも、自分も旅をしているような錯覚をしております(笑)(-_☆)♪

続きを楽しみにしております・

つかゆみさんへ

つかゆみさん、こんにちは!
生活するのは不便かもしれませんが、
たまに行くと、とってもいいところです^^
城崎や香住は兵庫県北部の田舎なのですが、
走っている車は姫路ナンバーとか神戸ナンバーなんです(笑)
兵庫県には姫路ナンバーとか神戸ナンバーしかないみたいで^^;

懐かしい!!

 こんばんは
 懐かしい駅名、風景を見せていただき、ありがとうございます
 香住のひとつ手前に柴山と言う駅があったと思いますが
 親父の実家がありまして、子供のころは夏休みなると遊びに行ってました。
 その駅は特急は停まらないので、特急で行くときは香住駅に降りて、従兄に迎えに来てもらってました。
 餘部鉄橋も変わりましてね。でも橋上からの風景は変わっていないように思います。
 続きを楽しみにしています。

夏樹涼風さんへ

夏樹涼風さん、こんばんは!
柴山・香住近辺には香住海岸ですとか、竹野海岸とか、
夏に行ってみたいところが沢山ありますね^^
当時走っていた特急といいますと、
「あさしお」とか「まつかぜ」あるいは「はまかぜ」とかでしょうか♪
餘部鉄橋はやはり、
付け替えされる前に一度行っておくべきでした。
次回は餘部鉄橋についてお届けします!

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる