山陰本線各駅停車の旅(10) ~餘部橋梁~

TAKEですこんばんば!

山陰本線各駅停車の旅、その10です。


2012年4月30日
山陰本線の餘部橋梁最寄りの餘部駅に降り立った我々。
餘部駅

餘部橋梁は、兵庫県香住町にある
長さ310万メートル、高さ41万メートルのコンクリート製の橋で、
建設が始まったのは2007年3月
完成したのは2011年2月
その外観が↓の写真です。
餘部橋梁(1)

このコンクリート製の橋梁が完成する2011年2月までは、
餘部橋梁は鋼製トレッスル橋でした。
トレッスル橋としては、日本最長を誇り、
その外観が↓の写真です。
付け替え前の餘部鉄橋

↑の旧餘部橋梁は、1909年(明治42年)に着工が開始され、
1912年に完成・開通しました。
その鮮やかな朱色がもたらす外観が周囲の風景に溶け込み、
餘部橋梁は、全国の鉄道ファンをはじめ、
山陰地方を訪れる観光客にも人気のスポットでした。

ところがその一方で
トレッスル製の旧餘部橋梁には見過ごすことのできない
負の一面を持っていました。
・付近の地元住民は騒音や多くの落下物に悩まされていたこと。
・1986年に列車転落事故(瞬間風速33メートルの突風が直接原因)があったこと。
・上記の事故後、風速規制が強化(風速20m以上で香住-浜坂間の運行停止)されて
 運休や遅延が相次ぐようになり、
 沿線地域の通勤・通学に大きな影響が出たこと。

これらの問題点を解決するため、
風柵を設置することも検討されたようですが、
より長期的な安全性を考慮した結果、
コンクリート製の現橋梁に付け替えられたのです。

というわけで、昔ながらの立派な景観が損なわれた餘部橋梁
↓の写真は、餘部駅の裏手にある展望台から見下ろす橋梁です。
餘部橋梁(2)

その展望台には、鉄道マニアor写真マニア風なおざさんが2~3人
どのおじさんも大きな望遠レンズを装着したカメラを構えていました。
餘部橋梁(3)

↓は餘部橋梁真下にある集落へと下る坂道の途中で撮影した写真です。
餘部鉄橋跡

トレッスル製の旧橋梁は全面撤去されたわけではなく、
観光資源として一部が保存された形となっています。
橋梁付け替え時
この旧橋梁をどの程度保存するかについて、
様々な観点から議論された結果、
現在のような保存形態に至った様子です。

餘部鉄橋跡を見上げる(1)
餘部鉄橋跡を見上げる(2)
餘部鉄橋跡を見上げる(3)
餘部鉄橋跡を見上げる(4)

それにしても残念なのが、
写真が全体的に暗いことです。

城崎温泉を出たあたりから、
私のデジカメの調子がおかしくなり、
嫁ハンのデジカメに切り替えたのですが、
嫁ハンのデジカメの撮影モードが、
室内モードになっていることに気付かず
そのまま撮影を続けてしまいました。
そのため、1つ前の記事から、
写真がやや青っぽく、暗い感じに映っています。


餘部駅と餘部橋梁は、
この旅で一番楽しみにしていたポイントだっただけに、
大変残念ですわ。

いつの日か、もう一度撮り直しに行ってやるぅ~!


つづく。。。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

 餘部鉄橋の架け替えは残念ですが、地元の方のことを考えれば仕方のないことですよね。
 あの鉄橋を見たくて、カメラに収めたくてわざわざ行ったのが40年ほど前のこと、
 中学生だった私たち3人は、近くの民宿に宿をとり、真夏なのに海水浴など見向きもしないで、1日中カメラを持ってうろついていました。「小説のような、旅のはじまり 二章-4」あたりに書いてます。宣伝してすいません。
 また、行ってみたいですねえ・・・。

夏樹涼風さんへ

夏樹涼風さん、こんにちは!
餘部鉄橋はやはり付け替え前に一度訪れておくべきでした^^;
あの朱色の鉄橋全体を下から見上げたかったです。
夏樹さんのブログも拝見しましたが、
とてもいい写真達ですね!
今回の旅で餘部滞在時間は小1時間くらいでしたが、
見どころが多く、半日くらいは居てじっくりと散策したい思いでした。
次回行ったときは、隣の鎧駅周辺も散策してみたいです!

ブログランキング

ポチッとね。
プロフィール

TAKE

Author:TAKE
生年月日:1968年11月19日
年齢:それは教えられへんな。
性別:白組
血液型:A型、UFO信じる
趣味:ギター弾き語り、読書、スノボー、スキー
職業:会社員
家族:嫁ひとり、子ひとり

グリムス(gremz)
美しい緑を取り戻せ!
一日一善!
アクセスカウンター
ご訪問有難うございます。貴方は
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2ブックマーク
検索フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる